ヒアルロン酸とコラーゲンの違いを知ってましたか?

コラーゲン 美容コラム

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

健康や美容に気をつける人に
ヒアルロン酸とコラーゲンは
とても人気です。

肌に潤いを与えたり、
関節の働きを滑らかにする成分
として効果的です。

ヒアルロン酸とコラーゲンは
同じ成分だと思っている方は
多いと思います。

実際は全く別の物質で成分も
異なります。糖の一種である
ヒアルロン酸はムコ多糖類です。
そして、タンパク質の一種が
コラーゲンです。

人の体に存在するタンパク質のうち、
コラーゲンの割合はおよそ
3分の1です。
コラーゲンの働きは、細胞と
細胞を結びつけると
いうものです。

肌からコラーゲンがなくなると、
弾力がなくなり、よりシワや
たるみが目立ってしまいます。
また、コラーゲンが
関節から減ってしまうと、
関節が痛んだり、きしんだり
するのは関節の働きが低下して
しまうからです。

1グラムのコラーゲンで
6リットルの水を保持できると
いわれていて、コラーゲンは
体内の水を維持することに
関係している成分です。

コラーゲンは体内のさまざまな部分に
存在します。特に関節や肌の真皮層に
多く存在していますが、コラーゲンが
不足すると肌の潤いが不足したりします。

肌の細胞と細胞をヒアルロン酸が
結合させ、肌の水分をコラーゲンが
保持しています。

肌の保護のためにはとても大切な
成分です。s年をとるほど、
コラーゲンもヒアルロン酸も
少なくなっていきます。

ヒアルロン酸とコラーゲンを一緒にとると良い?

サプリ
年齢があがると、ヒアルロン酸と
コラーゲンを体内で作る量が
減ってきます。

それぞれに成分も違って、目的も
違いますが皮膚の潤いを保ったり、
関節の働きに関係する成分でお互いに
助け合っています。

ヒアルロン酸もコラーゲンのもどちらかだけで
力を発揮することができません。

体のいろいろな場所にあるのが
コラーゲンですが、
お肌には特にすみずみまでしっかりあります。

皮膚の保湿にはヒアルロン酸が欠かせない成分で
保持するのに役立つのがコラーゲンです、

反対にコラーゲンだけでは肌の弾力を
保持できません。

多くのサプリやドリンクでコラーゲンと
ヒアルロン酸を一緒に入っているのは
この両方を摂ってなりたつ効果があるからです。

一緒にヒアルロン酸とコラーゲンの成分を
とることで効率的に美容や健康に
良い効果を得られるということです。

美肌にはヒアルロン酸だけとか
コラーゲンだけで十分とはいえません。

大切なことはサプリメントを選ぶときは
ヒアルロン酸とコラーゲンを同時に
とるようにすることです。

一緒にとろう!ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメント

美容や関節のためにヒアルロン酸と
コラーゲンのサプリメントを
活用する人が増えています。

加齢とともに減っていくヒアルロン酸と
コラーゲンも体の中からも、量が減って
いきます。

子供のころはたくさん、体の中に
存在していました。

体内で作る量が減っていくのであれば、
スプリで補充してあげるのもいいですね。

食品でとろうとすると
ヒアルロン酸であれば、ふかひれ、鶏のトサカ、
魚の目玉、軟骨などで、
あまり、普段食べない食材です。
量もすごいことになるので、
サプリメントでとるのがおすすめ。

今では、一緒になっているタイプの
サプリメントがあって、人気のようです。

サプリは食品なので、いつ飲んでも
かまいません。原材料にアレルギーの
ある場合は中止してください。
 
ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリの
原材料を確認しておいてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました